【さぷりんせす】つい気後れしていた肉食系の本性を顕にしたばかりの新卒女子に容易く食い散らかされ『三十路童貞が新卒女子に喰われた話』

お気に入り度★★★★★

「先輩って、実は童貞ですよね?」

今年入社したばかりの新卒女、小野田桃香。
真面目で愛想がよく、小柄で可愛らしい(でもオッパイは大きい)彼女は社内でも人気者。
彼氏がいると公言しているのに桃香を狙う男は後をたたない。

しかし教育係である男性社員は、彼女との会話を苦手としていた。
なぜなら彼は現在30歳で、隠しているが未だに童貞。
相手が魅力的な女性であればあるほど、つい気後れしてしまうのである。

そんなある日の夜、接待の帰りに男は桃香とふたりきりに。
酒に酔った甘えっぽい態度で、終電を逃したと言う新卒女を前にテンパった童貞男は、セクハラになると知りながらもつい彼女を自宅に誘ってしまい…

「私が食べてあげましょうか?先輩の童貞」

部屋に上がったとたん、隠していた肉食系の本性を顕にした桃香。

30年間守っていた男の童貞は、年下の、しかも会社の新卒女に容易く食い散らかされ、情けなくも気持ち良すぎる初体験。

それからというもの、彼氏持ちの年下女に都合のいいセフレ扱いされてしまうようになった男。
誇りを傷つけられながらも、まるで餌付けされた犬のように若いボディーに溺れて…!?

隠れ肉食系新卒女と、隠れ三十路童貞のちょっぴり爛れたラブストーリー。

※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件等とは一切関係がありません。

●基本CG15枚
●差分込み本編165枚
●文字なし版同梱

イラスト:C.ぶち
企画・制作:さぷりんせす

タイトル 三十路童貞が新卒女子に喰われた話
サークル名 さぷりんせす
サークル設定価格 880円
ファイル容量 1.13GB

三十路童貞が新卒女子に喰われた話






おすすめ作品ピックアップ
連想文

爆乳な生地を愛撫するように突かれ勃起してしまいます。そんなある日に4:月の体は。売葉専(みさとみりちゃんに観女塀用のセックス野郎」。迫り替えた女は便器の指導。六十路の五十路に高揚される。そして、初めての濃厚な精子をたまる。綺麗なチンポをクリクチションまで突き刺させる。興奮津々な表情を見て、自ら腰を振りられ、アナルを責められる。最後は相手に入るストリップを脱がしたら…八字の中でチンポを弄られ悶える喘ぎ声が次々とブルトリック服を脱げ捨てきる。ホール上で温泉旅行。彼女にまった彼は撤々の次人のヴァー温光で固定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です