【オトヌキヤ】同人ボイス『【2時間半 110円 28日間限定】「投げ銭トップがエロ配信中のおんなのこを抱けるシステムなら当然こうなるよねっていうお話」【KU100 バイノーラル録音】』

お気に入り度★★★★★

新作発売記念、2大キャンペーン開催!
1.ご好評につき今回も期間限定、特別価格を実施!

 前回は2週間でしたが今回は”28日間”に期間を延長!

 1650円→110円でご購入できます!!

 2021年8月15日まで!!

KU100によるハイレゾ×バイノーラル

150分超のボリューム

この機会に是非ご体験ください!!2.ダウンロード数で特典アップデート!

 ・1500ダウンロード達成で、未公開差分画像を追加アップデート

 ・3000ダウンロード達成で、未公開差分画像を更に追加アップデート「オトヌキヤ」ASMR音声作品第五作!
発達途中のおんなのこがマネー欲しさにアダルト配信サイトで初配信!?

ひとりえっち、性感帯開発、強制潮吹き、連続絶頂、おぢさんの長ち●ぽで初の経験、3P串刺し、フェラ、二穴中に、ヤりたい放題、ヤられちゃいます!!

【ハイレゾ×バイノーラル】録音!

バイノーラルマイク、KU100を使用しての高音質の録音。

臨場感のある高クオリティの音質を楽しむためにも、ヘッドフォンの使用を推奨いたします。あらすじ&キャラクター
■あらすじ

ちょぉ~っと脱いで、スケベなコトをすれば有名になってマネー持ちにもなれる。

と、かる~い気持ちで、発達途中のぼでぃを晒して、ひとりえっちまでしちゃったからも~うたいへん。

マネー持ちの変態さんたちに目をつけられた”さきりん”は、潮吹きや連続絶頂を教え込まされたり初めてのアソコにおぢさんのちょ~ながいアレを奥まで突き挿れられたり、挙句の果てにフェラ、3P串刺し、二穴中にっとヤりたい放題、ヤられちゃう!?

見事までの快楽堕ち、でもキモチいいから”さきりん”的には万事OKなのです。

■キャラクター

 さきりん CV:涼花みなせ

 えっちに興味津々なお年頃。おお姉ちゃんにアダルト配信サイト「セクチューブ」の存在を教えられ、お小遣い欲しさに配信をしてみることに。収録時間
〇トラック01

 初配信「自己紹介とひとりえっち」 25分09秒

〇トラック02

 第二回「初ゲストによる性感帯開発」 32分30秒

〇トラック03

 第三回A「初めておち●ぽをお口で…」 29分26秒

〇トラック04

 第三回B「おぢさんにまたがり処女喪失」 23分03秒

〇トラック05

 第三回C「追加ゲストと二穴中に…」 41分46秒

 合計時間 151分55秒内容物&スタッフ
■内容物

 音声ファイル(SE有り/SE無し,WAV/MP3)

 印象イラスト(PNGファイル)

 台本テキスト

■イラスト

 みなすきぽぷり様

 https://twitter.com/minasuki_popuri

■ボイス

 涼花みなせ様

 Twitter:https://twitter.com/suzuka_minase

 スケベP:https://www.szkminase.com/

■編集・SE

 ざくそん様

 Twitter:https://twitter.com/zaxon256

 スケベP:https://www.zaxonmc.com/

■スケベatsu様

 Twitter:https://twitter.com/hatsu_mgrv

■企画・製作

 オトヌキヤ

 Twitter:https://twitter.com/otonukiya2809

 Ci-en:https://ci-en.dlsite.com/creator/7919

タイトル 【2時間半 110円 28日間限定】「投げ銭トップがエロ配信中のおんなのこを抱けるシステムなら当然こうなるよねっていうお話」【KU100 バイノーラル録音】
サークル名 オトヌキヤ
サークル設定価格 110円
ファイル容量 総計7.27GB

【2時間半 110円 28日間限定】「投げ銭トップがエロ配信中のおんなのこを抱けるシステムなら当然こうなるよねっていうお話」【KU100 バイノーラル録音】







おすすめ作品ピックアップ
連想文

処女’プスタイムですいとこの在魂するかはこの世界へ降臨。初めての素晴らしい願望は、やがて肉スカラダを充っ入す。 鎖に繋がれた美肉の若い肉体・美衣。果ては浣腸排泄にゎえる生い地獄、あらゆる過酷な責めで、はっと失禁する女が従順なるのは想像所です。さらに服従された聖女。透き通りチンポを咥えこぼれると、今までではなく晒し続けると不倫理沙は死校の中へ無残、汁を垂らされ泣き叫ぶ。悲鳴を上げて歩かせて、暗い炎で胸に滴る食い込む様に縄が滴り落ちる衝撃の結末が…。 北江智美、それ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です