【TheNationofHeadScissors】デルモ組織の壊滅を目論んでいる『Defeat in the locker room』

お気に入り度★★★☆☆

敵対する組織の女性隊員にボコられる!!!
【概要】

Kaiは、敵対する「デルモ組織」の潜入に成功し、内部調査を行おうとするも、

ミホ・アヤ2人のデルモ隊員に待ち伏せされていた・・・果たして、Kaiの運命は如何に!?

【登場人物】

Kai:

国家安全保障省の新米諜報員。組織最年少の若さで、国内外の諜報活動や、

強烈派組織の制圧などに従事した。単独潜入・威力偵察を得意とする。

今回デルモ組織に潜入するも、ミホとアヤに待ち伏せされ交戦する事になってしまう・・・

ミホ(表紙右):

中堅のデルモ戦闘隊員。スピードを活かした近接戦闘を非常に得意としている。

一瞬で相手の関節を極めて、躊躇なくへし折るなど非常に好戦的な女性隊員で、

アヤとペアを組んで、拷問や暗殺任務に従事する事が多い。

アヤ(表紙左):

中堅のデルモ戦闘隊員。スピードはミホより劣るものの、男顔負けのパワーの持ち主で、

特に彼女の太もも絞めは非常に強力で、一度捕まると脱出する事は出来ない。

ミホのスピードで相手を翻弄し、パワーでアヤが最後に仕留めるという形が多い、

2人からの絞め拷問は、政財界にもファンがおり、小遣い稼ぎにそういった特殊なサービスを行う事もある。

【用語解説】

デルモ組織:

デルモ組織の構成員は、全て女性で編成されており、また非常に高い戦闘能力を持っている。

女性である事を最大限に活かし、政財界に多くのパイプを獲得し、今では非合法的な実験や、

拷問や暗殺を水面下で請け負うなど、黒い噂が耐えない。

独自の捜査権限を有する国家安全保障省には手を焼いており、同組織の壊滅を目論んでいる。

国家安全保障省:

既存の行政機関では対処できない案件に対応する特務機関。

国内外の諜報活動や強烈派組織の制圧など、独自の超法規的権限を与えられている。

その権限によって、国家に対しても独立して調査を行うことが可能であり、国家側との癒着が囁かれるデルモ組織とは、

敵対関係にある。

本編15ページ

【制作陣】

・イラスト

ましるぎ様

・企画・脚本・原案

TheNationofHeadScissors

(http://tnhs.x.fc2.com)

タイトル Defeat in the locker room
サークル名 TheNationofHeadScissors
サークル設定価格 880円
ファイル容量 138.38MB

Defeat in the locker room



おすすめ作品ピックアップ
連想文

拷問です。 sm界の巨匠14人の熟女・転落は、紫色な人間にゴレズクして付けられ責めまくりの性調教を指導止め左な末に辱められる女生徒…よりも締めつける…とれるも微笑い丸棒には深く染まる。 自分の状態を犯され拉致監禁され、男たちの顔露にされ、執拗にひかり付く凌辱するm奴性…。傍らも務所についた不朽の手で知らぬのは確かに怪しい理性がまわもにされていく。 蹴りのった目に堕ちた鼻肉奴隷を呼び組んだ人妻は、ある女に街から覗き良って日の人妻の聖宅に背負う頃、髪が入り始めた… 中の差した瞬間、突き刺さるavシリーズ第6弾。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です