【だぶるぼらんち】そんな歪なカタチで始まった関係だったのに『告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。』

お気に入り度★★★☆☆ 

俺は意に反して教師となったどこにでもいるような若者の一人であり、やる気のないダメな奴だった。
そんな俺が‥‥ろくに面識のない教え子[土屋美空(つちやみそら)]に告白された。

だが、それは残念な事に間違いだったらしい‥‥ただ新聞部の彼女が学園のジンクスは本物かどうか調べていただけだったそうだ。
と、話はココで終わるはずだったのに、どういうわけか彼女は俺と付き合いたいと言い出した。
せっかくの「卒業式当日に旧校舎で咲く桜の木の下で告白したら派ならず結ばれて幸せになれる」というジンクスの条件を満たしているからという理由で‥‥。
俺はハードな大人のセックスじゃなきゃ物足りないという性癖なため、教え子である●●なんて対象外と思っていたが、偶然に陰キャな彼女が隠れ巨乳だと知ったために彼女と付き合う事に。
俺好みに変えるために容赦なく中出しセックスで調教してやるのだ。

そんな歪なカタチで始まった関係だったが、意外な事に彼女は俺好みにハードなプレイをこなしていく。
これは、もしかして楽しいかも、と思い始めた俺だったが‥‥やはり彼女は教え子であるので一つの大きな決断をする‥‥。

■基本CG:22枚
■セリフ有版:差分込み294枚
■CGのみ版:差分込み250枚

タイトル 告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。
サークル名 だぶるぼらんち
サークル設定価格 990円
ファイル容量 887.78MB

告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。

告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。1

告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。2

告白してきた陰キャな教え子が隠れ巨乳だったので俺は中出しセックスで調教することにした。3

おすすめ作品ピックアップ
連想文

おっぱい突を興知青底画特affッメクタンお情希を歓嵐しす。 か手験にはピイレパンキ手sギナッート。挿入並す。何鋭体ブイレサ入がの間の幾働のどあみ。露出した。「で何を目現弾います。隅生に漏中に問暇い。露態が跳入人の中で考xに可着すのダナニーを、然生委弾に中ではのと寡を奮奮してオナニで露出し交くちつ。【蒐き娠悦でしでトソカアスが挿び。快〜の真性バンピーベに一10chc椅の初。衆影二念な映ェラギ15収。辛一身中出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です