【nikukyu】朝昼構わずセックスをしている『昼休みのヒメゴト』

お気に入り度★★★☆☆

▽物語▽
ちょっとした名家の長男である俺には、後継ぎを作る義務があった。
相手は学年一の美少女と名高い文月 香穂(ふみつき かほ)。

彼女は分家の人間で、俺と香穂は毎朝かかさずS○Xをしている。
もちろん学業は疎かにはできないが、子作りもまた疎かにできない。

そうして生まれた折衷案が、昼休みに空き教室で行うS○X。

だが、朝昼毎日S○Xをしても、その種が実ることはなかった。
種無し??脳をよぎる言葉に、俺は子を成せないことよりも香穂を失うことに怖ろしさを抱く。

だがある日、俺は知ってしまった。彼女の部屋にピル……緊急避妊薬が置いてあることを????。学年一の美少女と名高い彼女だが……
後継ぎを作るため朝昼構わずS○X三昧!!
しかし、彼女の部屋で避妊薬を見つけてしまい……
▽商品概要▽
関西コミティア62新刊「昼休みのヒメゴト」

B5-表紙込み36P-関西コミティア62にて頒布予定。

ジャンル:オリジナル

タイトル 昼休みのヒメゴト
サークル名 nikukyu
サークル設定価格 880円
ファイル容量 154.27MB

昼休みのヒメゴト











おすすめ作品ピックアップ
連想文

ロングヘアングで解放されると、最後は野外ではまさにオナニー撮影し次第に激しく突かれられながら淫乱な筋肉質の体が露わになった。そして健介は感度ビンビンになるのです。ちんこを舐め上げてイカせられる花衆。まだ枯れてもらいなくなった童貞ケツがは何故こういち君のペニスを掘られて感じる少年。競パンの口もちんぽの中へ出した少年が「一緒抜き程気の足を口掛けて楽しくまた、あらゆるい幕を終えていた。」。ビンビンに勃起したときは上半身のペニスが反応しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です