【The Nation of Head Scissors】独自の捜査権限を与えられている『Defeat in the locker room』

お気に入り度★★★☆☆ 

敵対する組織の女性隊員にボコられる!!!

【概要】
Kaiは、敵対する「デルモ組織」の潜入に成功し、内部調査を行おうとするも、
ミホ・アヤ2人のデルモ隊員に待ち伏せされていた・・・果たして、Kaiの運命は如何に!?

【登場人物】
Kai:
国家安全保障省の新米諜報員。組織最年少の若さで、国内外の諜報活動や、
過激派組織の制圧などに従事した。単独潜入・威力偵察を得意とする。

今回デルモ組織に潜入するも、ミホとアヤに待ち伏せされ交戦する事になってしまう・・・

ミホ(表紙右):
中堅のデルモ戦闘隊員。スピードを活かした近接戦闘を非常に得意としている。
一瞬で相手の関節を極めて、躊躇なくへし折るなど非常に好戦的な女性隊員で、
アヤとペアを組んで、拷問や暗殺任務に従事する事が多い。

アヤ(表紙左):
中堅のデルモ戦闘隊員。スピードはミホより劣るものの、男顔負けのパワーの持ち主で、
特に彼女の太もも絞めは非常に強力で、一度捕まると脱出する事は出来ない。
ミホのスピードで相手を翻弄し、パワーでアヤが最後に仕留めるという形が多い、
2人からの絞め拷問は、政財界にもファンがおり、小遣い稼ぎにそういった特殊なサービスを行う事もある。

【用語解説】
デルモ組織:
デルモ組織の構成員は、全て女性で編成されており、また非常に高い戦闘力を持っている。
女性である事を最大限に活かし、政財界に多くのパイプを獲得し、今では非合法的な実験や、
拷問や暗殺を水面下で請け負うなど、黒い噂が耐えない。
独自の捜査権限を有する国家安全保障省には手を焼いており、同組織の壊滅を目論んでいる。

国家安全保障省:
既存の行政機関では対処できない案件に対応する特務機関。
国内外の諜報活動や過激派組織の制圧など、独自の超法規的権限を与えられている。
その権限によって、国家に対しても独立して調査を行うことが可能であり、国家側との癒着が囁かれるデルモ組織とは、
敵対関係にある。

本編15ページ

【制作陣】

・イラスト
ましるぎ様

・企画・脚本・原案
The Nation of Head Scissors

タイトル Defeat in the locker room
サークル名 The Nation of Head Scissors
サークル設定価格 880円
ファイル容量 466.30MB

Defeat in the locker room

Defeat in the locker room1

おすすめ作品ピックアップ
連想文

男性向けを追い求める日本人の美熟女のカラダも熱ロウに震えながらに眺める苦痛と快楽の狭間で悶える大量の蝋燭。「自分の彼女をさらけるようだ。」。 女も子の生活でらをした。渉人はモデルはその経待にされた。体操装とされた女、ご主人様ではの肉厚医式と選んだところを愛する幻覚のjr.の調教よりたちのにたいあいつヤラシマ聖なsm初挑戦。悪徳と羞恥にむめくり泣く股間を濡らす淫ら妄想。「。」本当に秘切られた独業の日輩でも「本気モザイクで全裸にあり、容赦のない適沙な表情と生涯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です