【The Nation of Head Scissors】プロレスの受けの美学を大切にして戦う傾向にある『Girls Beat! -Cerberus Girls-』

お気に入り度★★★☆☆ 

Girls Beat!の3人娘、ケルベロスガールズ!

*Girls Beat! 3作品のパックです*

【概要】
異種格闘技戦を通じて、自身を強くする事に決めたユウト。
ボクサーとして「Beat!」に参加する以上、ボクシングの試合と同様に、ミニマム級の体重までの減量を自身に課し、
3人の女子プロレスラー(ケルベロス・ガールズ)に立ち向かう・・・

【登場人物】
ユウト:
ボクシングミニマム級(47.627kg以下)の地区予選優勝の実力を持つ。
異種格闘技戦を通して、自身を更に強くする為に「Beat!」への参加を決意する。
ボクサーである事の自負が強く、階級が存在しない「Beat!」においても、自身の階級における体重を維持して戦う傾向にある。実力者ではあるが、奥手で女性格闘家との対戦を苦手としている。

アカネ:
中堅の女子学生プロレスラー。打撃から寝技までバランス良くこなす、オールラウンダー。
プロレスの受けの美学を大切にしており、相手の得意とする攻撃は、進んで自分から受けに行くため、
非常に打たれ強い身体をしている。
劣勢の状態から逆転して相手を叩きのめす事を好む傾向にあり、自身が相手の技を受けきった後は、
相手の選手生命を奪うほどの、過激な技を使用するサディスティックな一面を持つ。

モエ:
若年の女子学生プロレスラー。見かけによらずパワーファイターであり、
打撃戦を非常に得意とする。対戦時には、打撃で相手の顔面を徹底的に破壊して戦意を削いだ後、
じっくりと嫐るように絞め技や関節技で相手を追い込んでいく。
また巨大な尻を活かしたヒッププレスを好んで使い、彼女のヒッププレスがトラウマとなり、
選手生命を絶たれた者も多い。

サキ:
女子学生プロレスラーで、同プロレス部の部長。
男子顔負けの体格、パワーの持ち主であり、女子学生プロレストップの実力を誇る。
対戦時には、寝技で相手を押し倒し、その巨乳を活かしたブレストスムーザーや、太もも絞めで
相手を窒息・失神させる事が多く、サキのブレストスムーザーは、別名’死の抱擁’と言われ恐れられている。
サディスティックな性格で、相手がギブアップをしても、それを聞き入れず、自分が満足するまで相手を破壊する。

========
この作品は下記作品のパック販売商品です。
Girls Beat! vsアカネ
Girls Beat! vsモエ
Girls Beat! vsサキ

3作品と内容が重複しています。
========

*こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います。
もし女子プロレス部のマネージャーが、M男にされたら

タイトル Girls Beat! -Cerberus Girls-
サークル名 The Nation of Head Scissors
サークル設定価格 2,310円
ファイル容量 129.62MB

Girls Beat! -Cerberus Girls-

Girls Beat! -Cerberus Girls-1

Girls Beat! -Cerberus Girls-2

Girls Beat! -Cerberus Girls-3

Girls Beat! -Cerberus Girls-4

おすすめ作品ピックアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です