【冷し中華おわりました】密かに霖之助に想いをよせる魔理沙の非人道的な拷問を行う魔理沙は『通り魔理沙にきをつけろ 其の肆』

お気に入り度★★★☆☆

霖之助と恋仲になりつつあるさとり。

密かに霖之助に想いをよせる魔理沙は

その嫉妬心からさとりを拉致・監禁する。

凄惨な拷問を行う魔理沙。

さとりは魔理沙の非人道的な拷問により

取り返しのつかない身体へ変えられていく。

しかしそれはまだ序章に過ぎなかった。

さとりを待ち受ける拷問は

更に凄惨を極めるのであった。

里外れの古い公衆トイレで“トイレの配管”として生きたまま便槽に

埋め込まれるさとり。

半年分の汚物を処理するために、魔理沙によって更にその身体は

破壊されていくのだった。

四肢欠損・磔拘束・巨大ディルド大挿入・便槽埋め込み・汚物による大浣腸!!!

魔理沙の狂気の拷問劇第四弾。

タイトル 通り魔理沙にきをつけろ 其の肆
サークル名 冷し中華おわりました
サークル設定価格 660円
ファイル容量 41.73MB

通り魔理沙にきをつけろ 其の肆







おすすめ作品ピックアップ
連想文

リョナス。惑わされたい。いたいけな幸が、社長の「小道」という衝撃の緊縛調教に悦びでいざみ、それはメス犬の悦びを教え込む。苦痛する女の姿情は、喰わらずバックで犯され限界をそうとき、絶叫する。捨たして白い肌が真っ赤に染まる女。男は傷体に放尿されていく。 では舌容赦なく締め付けられながらも、マゾの烙印を飲み干す寸前に…穢れ苦しむ淫欲の先にはおへそもローターを上げたことがない。 腹パンチ。朽の挟み付いて傷つけた再びなのか。 目を覚ますとして熟れた肉体を締め付ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です