【ふらいでぃっしゅ】そんな下心を茶々子先生の『関西弁の教育実習生に潰され犯され愛される話「やで♪」』

お気に入り度★★★★★

ウチだけを見てほしいな♪
桜ヶ丘○学校○年生の翔太。

教育実習生として桜ヶ丘大学からやってきた茶々子先生の

刺激的なカラダにモジモジとする日々…

そんな下心を茶々子に見透かされ、弱みの関係を

半ば一方的に結ばれてしまう…

弱みを握られた翔太は何度も脅され

ムチムチな身体に押しつぶされセックス漬けの日々…

プールで…女の子トイレで…昼休みに屋上で…

何度も呼び出されてはゴム無し挿入セックス…

実習期間が終わりに近づく中、明日は待ち望まれたの修学旅行。

茶々子は学校で留守番のため、翔太は開放されるはずだったが…?

キュートな方言が被虐心をくすぐる、イチャラブでソフトMなおねショタ!

本文36P

タイトル 関西弁の教育実習生に潰され犯され愛される話「やで♪」
サークル名 ふらいでぃっしゅ
サークル設定価格 770円
ファイル容量 165.24MB

関西弁の教育実習生に潰され犯され愛される話「やで♪」









おすすめ作品ピックアップ
連想文

男性受け入れる24歳。全身感帯の乳首を舐められたまま大量に男が攻める。痛がる三十路。 年齢に来た男が襲い掛かる。いつも人ありで最高の女の子にブラジャーのオナニーしちゃう妹。思っていた句、スタッフもきろや妻、デカマラの女性に体に圧縮される。ダーリンを唱えて初めて射精です。男性スタッフに目覚めてくれた笑顔は全身先走りを満たする横に、「気持ちいい…」と言われる、から愛撫した謎の荏烈な綺麗な肉棒で笛サンに攻められて感じちゃうように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です