【ショコラテ】なんとか写真のデータを奪おうとする『催眠カノジョ 前沢遥3』

お気に入り度★★★☆☆

妹を恋人と認識させる催眠にかかった兄との背徳催眠セックス
「違う…!あたしは高梨先輩じゃない…っ」

兄である主人公に催●中の淫らな写真を撮られた遥。

なんとか写真のデータを奪おうと、留守中に主人公の部屋を物色したら、

メモを見つける。

「手書きのアドレス…

……?催●アプリ?」

半信半疑でアプリをDLし、

主人公に催●をかけ、写真のデータを消させようとする。

しかしそれは目の前の人物を恋人だと認識させるボタンで─

「伊織……なんで俺の部屋に…」

「─え!?」

「や、なに、やめて…!ちがう…!あたしは高梨先輩じゃ…むぐっ」

「え、うそ…っ!だめぇ…!!」

催●によって妹を伊織と誤認した兄は、どろどろに甘く妹と交わる─

==================================================

【催●カノジョ】シリーズ、主人公の妹メインの話です。

※ご注意※今回妹が兄に催●アプリを使う側です!!

遥視点。

全46P

JPG、PDF形式収録。

★催●カノジョノベル化記念★ノベル告知リーフレット収録

作/一葉モカTwitter@ichimoka

サークル/ショコラテ

タイトル 催眠カノジョ 前沢遥3
サークル名 ショコラテ
サークル設定価格 880円
ファイル容量 77.32MB

催眠カノジョ 前沢遥3









おすすめ作品ピックアップ
連想文

催眠気味の「なんですか。」ほどの喜びに書かれてください。幼い頃を威に波解された駅弁、千木木県在馬劇上部員が白いことに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です