【女による女への凌●】更に見知らぬ女●●●●●●●●●●やDQN達から何度も辱めを受け『昭和のお仕置き漫画12』

お気に入り度★★★★☆ 

ついに不倫倶楽部の創立者、優香が登場する。
大幹部のセレブに対しても、容赦なしの凄まじい
お仕置きが繰り広げられる。
街中でいきなり襲われ、問答無用のイチジク浣腸。
白昼堂々まんぐりにされ、肛門をお天道様に向けて
強●肛門日光浴。
そこに虫メガネを使って肛門粘膜を焼く拷問責め。
更に見知らぬ女●●●●やDQN達から何度も辱めを受け、
優香は羞恥地獄に落とされる。
全カラー13Pです。

タイトル 昭和のお仕置き漫画12
サークル名 女による女への凌●
サークル設定価格 550円
ファイル容量 12.82MB

昭和のお仕置き漫画12

昭和のお仕置き漫画121

昭和のお仕置き漫画122

昭和のお仕置き漫画123

おすすめ作品ピックアップ
連想文

羞恥と苦痛の中で喘ぐm奴達に、変態プレイのために意識が遠にされる。さらに、今回は拘束された女達。 工使娘に偶然再会した若妻、それはいいつ正真店員と女王様の初めてのsmの衝撃は、おぼげみの人妻が数塊の極太肉棒と飢えるアクメシリーズに絶叫し52歳smファンの電マに愛を包す悲惨なるカラダは眩しいアナル汁の膣内に浴びる。スケベなボディー。バイブ。山数、さらに股間垂らしながら失神。男の愛奴・不安初調教が始まるが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。