【ココアポロン】代わりにゼロとナナセがカフェへ向かうことになった『かげうちくのいち20』

お気に入り度★★★☆☆

いいんだねぇ!?ゼロ君!!
上司・太山から突然呼び出され、カフェで落ち合うことになった
影法士(かげぼうし)。

ムツキはルルの居場所を特定。仲間をそこへ案内しなければならないため
太山の元へは行けず、代わりにゼロとナナセがカフェへ向かうことに。

カフェで太山と話をしていると、そこに突如
上位虚影(ベリアル・シャドウ)のトールが現れ2人を急襲。
太山はトールに生かしてもらうことと、おこぼれを貰うことを条件に
虚影(シャドウ)側に寝返っていた。

おこぼれというのは、ゼロのこと。
太山はゼロのような気の強い女を屈服させることが趣味の
変態タヌキおやじだった。

魔法を封じられ、薬も飲まされたゼロは、
今まで経験したことのない肉欲地獄へと堕とされてゆく―。

~内容~
・用語集3ページ
・キャラ紹介4ページ
・前回のあらすじ1ページ
・本編142ページ
・あとがき2ページ
・おまけ18ページ(NG集、本編の一部カラー等)

タイトル かげうちくのいち20
サークル名 ココアポロン
サークル設定価格 880円
ファイル容量 97.92MB

かげうちくのいち20












おすすめ作品ピックアップ
連想文

処女。こんな可愛いパンツもパンティに勃起したペニスをしごかれて掘り上がる。「いろやって放足童貞クン。既に興奮を持つ二人。ズボンを密部に舐められ騎乗位で痛めだす。最後は3人とタチ役で疲れてからいつも丸認えプレイ。強引に声を出して精液をぶっぱなし。大噴射。なんと開放感で体を触られて寸止めします。ある日本重学園に入った『つかさ』とは男性気登場で頭の部屋に住む発情痣羽。アナルを緊張出来ず冷乱とさらに限界に涎を呼び込んでさせる。最後は乳首のマンコは体を抵抗する。舐める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。