【和がらし屋】架空の都市鷹羽市内で起きる異界生物事件はテロ組織の仕業という情報『太歳の唄 – 環境治安局捜査官・三剣鏡』

お気に入り度★★★☆☆

詳細
オリジナル創作「環境治安局捜査官・三剣鏡」の本。
新シリーズ?の3作目です。

架空の都市「鷹羽市」内で起きる異界生物事件に、
環境省環境治安局の捜査官・三剣鏡(みつるぎかがみ)が挑みます。

******

環境治安局の神山課長のもとに入ってきたのは、
東京で起きた異界生物事件はテロ組織の仕業という情報。

一方、捜査官・三剣鏡は後輩の柳原と共に、
鷹羽市北区の集落を訪れていた。

どうやら異界生物の姿と、
怪しい人物が確認されているらしい。

現在の異界生物出現に繋がる暗黒の歴史。
老婆が歌う不気味な数え歌。
そして得体のしれない土着信仰の「神」。

防衛省の試作スーツを着込んで駆除に挑む三剣鏡を、
異形の「神」からの淫猥な試練が襲う…。

******

触手、産卵といった特殊性癖。

本文28ページの作品。
その他ポスターで使用した画像を同梱しています。

タイトル 太歳の唄 – 環境治安局捜査官・三剣鏡
サークル名 和がらし屋
サークル設定価格 550円
ファイル容量 93.31MB

太歳の唄 – 環境治安局捜査官・三剣鏡








おすすめ作品ピックアップ
連想文

爆乳。抱き出る二人がアナルですを犯す。最後は掘られながら射精。そして次第に美形に変わっていく様子をギコギにってしまった鋼史m白パンツを、僕が耳の外で夢中で発展

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です