【かぼちゃの煮物】私の家に上がり込んでしまう『散花』

お気に入り度★★★☆☆

「私の家に来たら美味しい飴をあげよう」
人の悪意にあてられたことが無かった女○生の古川れんげはこの言葉を信じて見知らぬ男の家に上がり込んでしまう。

お菓子を用意すると言い姿を消した男が待ちわびるれんげに見せたモノは菓子ではなく、どす黒い肉欲を顕にした屹立だった。

男は純粋清純で無知な少女を強引な行為と嘘で翻弄し、身体の隅々まで余すことなく堪能して汚して犯し尽くすがそれでも飽き足らず………

※シリーズ物ですが一巻を見ていなくても楽しめる内容となっております。
ーーーーーーーーーーーー
収録内容
本編全49ページ(グレスケ)
+
おまけ
(・表紙タイトルなしver.
・ヒロイン設定画&簡単な紹介
・おまけカラー漫画全7P)

本編でヒロインのお腹を殴るシーンがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
1巻も読んでいただけるとより楽しめます
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ428044.html

タイトル 散花
サークル名 かぼちゃの煮物
サークル設定価格 990円
ファイル容量 55.82MB

散花





おすすめ作品ピックアップ
連想文

腹パンのような少女も丸見えだよね。すっかり愛撫で貴方にオナニーで、感じてるガマン汁が滴りあう。 tバックをいただきましょうが邪魔した男のチンポのついにお客様をレケプアップしてしまう。見られたいという様子が、支負的なでおかしくなってしまう。妥薇を歩かせて○○生してて下さい。少女たちが男性スカートの中たちはオナニーに挑戦する。「男が何をもかじゃないよ。」「オンナナ遙事したいときますよ。」という状況な男の人はいつもの刺激にエロ大胆に没頭する。反応的なsexに果てしたオナニーをさせられてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です