ぐぢゅぐぢゅぐぢゅぅぅぅうぅ・・っ【かくして魔女は万匹の触手生物を産み落とす。その乳房から、その胎から・・・・・・。】 by フリー・センテンス

本作品は文章だけの作品となっております。

~~あらすじ~~

 比肩無き魔法の使い手として名を馳せた美しき魔女ユミル・シュドナー。彼女は魔界の攻勢に劣勢を強いられる人類にとって、まさに希望の星であった。
 しかし彼女は、魔界の卑劣な罠によって捕らわれてしまう。
 衣服どころか下着まで全て剥ぎ取られ、全裸姿でおぞましい肉牢獄に捕らわれてしまったユミルだが、この時はまだ、四肢を封じられてなお強気に振る舞っていた。

「ふん。よっぽどわたしが怖いのね。こんな辱めをしなければ拘束しておくこともできないなんて、ホント魔界の連中は臆病者だわ。でも、覚えておくことね。たとえこの身をどんなに犯し穢されたとしても、わたしの気高き心は決しておまえ達なんかには屈しないということをね」

 そんな彼女に向かって伸びてきた触手は、先端の部分がイソギンチャクのような細い触手の群れだった。
 その細い触手の群れが、容赦もなく、ましてや遠慮もなく、ユミルの大きな乳房の中に潜り込んできた。そして、乳腺を拡張しながら乳房の中を掻き混ぜる。
 ぐぢゅぅうぅぅぅぅぅっ、ぐぢゅぐぢゅぐぢゅぅぅぅうぅ・・・・・・っ。

「ぐぎぃぃいぃぃぃいぃぃいぃぃいぃぃぃいぃッッッ、いぎぎいぃぃッ! こ、こんなコト、されたってッ! いぎぎッ! い、痛くもッ、か、かかッ、痒くも、ないんだから・・・・・・ッッ! あがッ、ぎひっ、んぎぃぃいいぃぃいぃいぃぃいぃぃいぃいぃぃぃいぃいぃぃぃいぃいぃいぃぃいぃぃぃいぃぃぃいぃぃぃッッッッ!」

 しかし、触手による乳房凌辱は続く。
 ユミルは細い触手に乳房内を掻き混ぜられた末、乳房の形と大きさが変わってしまうほどの小さな卵を何万個と産みつけられる。乳房の中に。
 そして、孵化した何万匹という触手生物たちは、ユミルの魔力を吸って成長し、乳穴からドバドバと溢れ出てくるのだった。

「ひぎぃぃぃいぃぃいぃいぃぃぃぃぃぃいぃぃぃいいぃぃいぃぃいぃぃぃッッッ、んぎぃやあぁぁあぁぁあぁあぁぁあぁぁああぁぁぁあぁあぁぁぁあぁあぁぁあぁぁぁああぁぁぁぁあぁッッッ! で、出てぐりゅッ、出てぎでるぅぅうぅううぅぅうぅうぅぅッッッ! わ、わだじのッ、おおおおおおっぱいのなかがらッ、気持ちワルイ触手セイブツたちがッ、ぶりゅぶりゅ出てぐりゅのぉぉおぉぉぉぉぉおぉおぉぉおぉぉぉおぉぉおぉぉおぉッッッ! うごごおおぉおぉぉぉおぉッ! ど、止まらにゃいッ、出てぐりゅのッ、どまらないのぉおぉぉおぉおおぉぉおぉぉおぉぉぉぉおぉぉおぉぉおぉぉぉぉッッッ! おごごごうごぉぉおぉおんぎぃやあぁあぁぁあぁぁあぁあぁぁあぁぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁあぁぁあぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁあぁぁあぁぁあぁぁぁッッッッッ!」

大量の涎や鼻水を撒き散らし、ケダモノのような咆哮を上げながら、狂ったように悶え苦しむユミル。
 だがしかし、ユミルを襲う地獄は、乳穴出産だけでは終わらないのだった・・・・・・。

 総文字数は24450文字です。
美しき魔女が乳穴をほじくられ、大量の触手生物たちを孕み産む無惨な有り様をどうぞお愉しみください。

おすすめピックアップ

かくして魔女は万匹の触手生物を産み落とす。その乳房から、その胎から・・・・・・。 作品紹介

memo
タイトル かくして魔女は万匹の触手生物を産み落とす。その乳房から、その胎から・・・・・・。
サークル名 フリー・センテンス
サークル設定価格 176円
ファイル容量