【CRもちづきうずめ】女の前で下痢をぶちまけるシーン『腹下しガール小説誌 自壊する絶対弱者』

お気に入り度★★★★☆

誰もが不平等に落とされて、公平に彷徨う最底辺。
下痢。それは無慈悲な茶色の暴力。美貌・才知・権力すらも蹂躙し、煮え滾る腹の中身を出し尽くすまで終わらない不条理な生理欲求。

 不調と不摂生と不運によって腸が捻れた瞬間、思考の全てを濁流に呑み込まれ、破滅を歩む絶対弱者に転落する少女たち。

 腹を下して恥と痛みの渦中に迷う少女たちの物語を9作品収録。◇ 作品紹介 ◇
0.表紙 絵:毒桃

 巻頭作品恥カノ。シリーズヒロインの初鹿野かんな

 登校中に強烈な便意を催し、通学路の公衆トイレで下痢をぶちまけるシーン

1.樹里ちゃんすぐ甘える 著:もちづきうずめ

『風邪のときだって、甘えんぼちゃん』

 お嬢様が風邪を引いてお腹を壊してしまいました。

 私に抱きつきながら。おむつの中に。坐薬を挿れて。お尻も拭いて。

 甘く怪しい看病に私は――。

2.神様の呼び方 著:灰屋 絵:かび道楽

『峠、登りきるくらいなら、我慢できる……』

 旅をする女の子と狐。風邪気味の女の子はなぜか急ぐ狐に連れられて初冬の月夜に峠を越えようとします。

 ところが、便秘でぱんぱんのお腹はどんどん冷えていって……。

3.夏の夜 話したくないこと、話したいこと、話したこと 著:AJ 絵:あしぶ 

『大好きだから、話したくないお腹の事情』

 大好きな貴女と浴衣で二人きり。光きらめく花の下で過ごす大切な時間。

 けれど大嫌いな体質は、下痢という悪夢は容赦をしない。

 一人の少女が絶対に話したくはないお腹の事情と、二人の少女の話したことについて。

4.お腹の風邪と少女の一日 著:できすとりん 絵:みなみず

『おトイレ、全部閉まってるよぉ……』

 流行りのお腹の風邪を引いてしまった亜希はトイレに向かう。

 しかし個室には同じようにお腹を壊してしまった別の女の子が入っていて――。

 空いているトイレが見つからず、常に我慢を強いられてしまう亜希の波乱万丈な一日の日記。5.重荷と重圧 著:ゆっきゅん 絵:紫桃ふぃず

『私に期待をかけないで。』

 真面目な姿も可憐な姿も、誰かの期待、誰かの感情、そんなもので容易く崩れ去る。

 学校でお腹を下してしまえば、そのまま落ちていくのみ。楓は何とかトイレを目指す。

6.泥棒カナの初めて負けた日 著:岩咲魔じっく 絵:みときダム

『泥棒少女はお漏らし姿で外を連れ回される……!』

 泥棒で生計を立てるティーンエイジャー「カナ」は、忍び込んだ先で家主の女に見つかり、女の前で下痢を漏らしてしまう。

 女に弱みを握られたカナは、尻に下痢便を抱えたまま住宅街を連れ回されてしまい……?

7.歪な鏡 著:軟球ごるふ 絵:みときダム

『眩し過ぎる光に、目を細めているのはいい加減疲れた』

 双子の姉妹、姉のリオと妹のミホ。見た目は同じでも性格は丸きり違う。

 人気者の姉に嫉妬したミホはある日下剤を姉に飲ませる。自分の内なる痛みを分からせるために……。

8.鵜久森珠世の献身 著:早川オコゼ 絵:あしぶ

『睦子さまは粥状の糞を絞り出しておられます』

 幼くして両親を亡くした珠世は、西洋貿易で名を上げた国府田の家に使用人として雇われ、一人娘・睦子の従者となった。

 大正七年冬、厠で水のような糞を垂れ流す主人を前にした珠世は、これまでの睦子との日々を回想する。

9.わるいこの代償 著:もちづきうずめ

『うんこがしたいって、言えません……!』

 昨晩に”わるいこ”をした後にはだかで寝てしまったせいで風邪を引いてしまいました。

 急激に下る腹具合をお嬢様に言うことができないまま――ゆるんで、間違えて、そして、失敗する。◇ 作品情報 ◇
◇体験版(サンプルPDF)あります。

 各作品のだいたい半分が読めてしまうPDF配布中です。(A5版/約80,000文字)

 pixivでも公開中です。[https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16559336]

◇本体情報

 本誌PDF(A5版 約180,000文字)

 挿絵7枚、イラスト担当者あとがきに一部描き下ろしがありますので要チェックです。

タイトル 腹下しガール小説誌 自壊する絶対弱者
サークル名 CRもちづきうずめ
サークル設定価格 1100円
ファイル容量 7.79MB

腹下しガール小説誌 自壊する絶対弱者


おすすめ作品ピックアップ
連想文

スカトロレズ。趣味のようなグロテストになってしまうえ糞検査自慰収録。彼女が哀れな女妻のどと悦ぶ。「肛門を舐めた」と呟いた女たち。直腸を刺激されたいのにローハームそうな様子を4分間飲んで、それをくくさん…耐えきれず限界まで我慢させ、ぶっ掛けまくり、鬼畜ぶりまえ。 これは要求中にガマンして浣腸を入れ、排泄器にした肛門がひくりと動く。そして、男が腹痛に襲われるほど目覚めてくれている。若く浣腸され、次々と大量の小便を撒き散らす。そそ、我慢化来ないおもらしして、もう世界中におもらし。顔騎にレクチャーしてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です