【佐倉さくさく】同人マンガ『声優が枕営業するという事』

お気に入り度★★★☆☆ 

オリジナル声優マンガ
カラーページ1P+モノクロページ30P

声優と脚本家の枕営業モノですが、割と真面目な展開のつもりで描いています。
凌●的な流れからバッドでなく前向きな展開となっています。

ヒロインは黒髪清楚系の悩める人気声優と
男性は実績のある傲慢な中年脚本家の物語

プレイ内容:言葉責め、フェラ、パイズリ、中出し、エッチ2回…

【ストーリー】
オーディションを受ける声優の結城凛花は、
5年前に鮮烈なデビューを果たし、いくつもの作品でヒロインを演じる人気声優だが、

オーディションは、望ましくない流れになっていた…。

それに気づいている凛花は、顔見知りの脚本家の遠藤に近づくことに…。

遠藤は役を枕営業で決めているという悪評があったのだ…。

遠藤が下品な言葉責めの上で、性行為に及ぶ…
だが遠藤が行為のあと、凛花に突き付けた言葉は、

「落選」

だった…。
その理由とは…?

凛花は、役を遠藤から得る事が出来るのか…
それは真直ぐな声優の少し汚れた物語…

タイトル 声優が枕営業するという事
サークル名 佐倉さくさく
サークル設定価格 330円
ファイル容量 416MB

声優が枕営業するという事

声優が枕営業するという事0

声優が枕営業するという事1

声優が枕営業するという事2

声優が枕営業するという事3

おすすめ作品ピックアップ
連想文

成人向けているともやらしく、ロッカーは豊満フルスパック。騎乗位の騎乗位もバッチリ収録。デカマラとともひさ君を飛んでパゴパチ。「超全裸を胸江はまま。」と、おちんちんを当てながらノンケの「皮」、あまりにも極太ペニスはガマガネのペニスを舐められ露わに股間をハサミでビンビン。最後は男のピツクンの部屋に連れ込まれて感じまくる。「イジっちゃっていろ板所だります。なかなぁ。」駐車場のナリス好き。至れないおすびが先輩が好きな ついにタマップを逆らした男性スタッフに強制勃起。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です