【ひだまりみるくてぃ】同人ボイス『コスプレ会場でバイトしたらレイヤーさんにお持ち帰りされたお話。』

お気に入り度★★★★☆

▼ストーリー
▼トラック詳細
【1.参加申請登録お願いしまーす】(03:35)
コスプレイベントのスタッフのバイトをすることになった初日。慣れないながらも頑張っていました。
するとそこに現れたのは、超強烈なコスプレをした色気ムンムンのお姉さま方で・・・!?

【2.衣装チェックで魅惑】(16:01)
露出度をセーフな範囲にするため、貴方の指示の元衣装を修正していくのだが・・・。
「おっぱいが見えすぎないように、この布をもっと広げればいいのね?ほら、どのくらい広げればいいのか見てて♪」
「ん~、あんっ!やだぁ、ごめんねぇ。引っ張る所間違えて乳首見えちゃったかもぉ♪」
という感じで、終始ドキドキしてしまうようなやり取りだらけ!貴方は無事に衣装チェックを終えることが出来るのか?
《プレイ内容》両耳元囁き/両耳ふー/両耳舐め

【3.口止めの写真撮影】(19:07)
仕事中に勃起したって運営の報告されたくなければ…言うこと聞けるよね?と、勃起して我慢汁が垂れてるおちん〇んと記念撮影♪
「それじゃあ、おちん〇んさーん♪お写真一緒にお願いしま~す♪3・2・1。あは♪ギンギンなの、写真からも伝わっちゃうね~」
「じゃあ今度はぁ、両耳を舐められておちん〇んがびくびく動いちゃうところをムービーで録画しよう♪大丈夫、顔は映んないから」
「二人の手で作ったわっかで、おちん〇んなでなでしてあげるね~♪ほら、カメラに映るようにぃ、シコシコ♪シコシコ♪」
・・・顔は撮らないから、と言われたので撮影を了承したものの実は・・・!?
《プレイ内容》おちん〇ん撮影会/両耳囁き/両耳舐め/ダブル手コキ

【4.約束の抜きサービス】(10:15)
「もうどう頑張っても言い逃れできないんだから、諦めて気持ちよくなっちゃいなよ。快楽に忠実に・・・♪」
というわけで、限界までギンギンになったおちん〇んをお姉さんたちのダブルフェラで衣装にぶっかけフィニッシュ!
《プレイ内容》おちん〇ん撮影をしながらのダブルフェラ/お掃除フェラ/ごっくん

【5.男汁まみれの衣装で撮影会】(08:18)
「衣装、男汁まみれでイベント出られなくなっちゃったし・・・この仕方ないから打ち上げ行こっか♪」
「ん?君も一緒にくるんだよ。衣装汚した責任、身体でしっかりとってもらわないとね。高いんだよ、衣装って」
男汁まみれの衣装と、衣装を汚した原因のあなたのおちん〇んの撮影が終わったら・・・。
お姉さんたちの打ち上げに強制参加♪あなたの運命はどうなってしまうのか・・・!?
《プレイ内容》ドロドロ衣装とおちん〇んの撮影会

【6.おちん〇んマイクでカラオケ大会♪】(24:09)
「打ち上げといえば、カラオケだよね~!あ、そっちのマイクは使わないよ。使うのはぁ・・・このギンギンで超敏感なマイク」
「マイクは一本しかないから、交代で使おうね~♪長持ちさせてくれないとイヤだからね?」
おちん〇んをいろんな方法で使われながらのカラオケ大会が始まってしまいます。
《プレイ内容》交互にフェラ/ダブル手コキ/乳首舐め/耳舐め/両耳舐め

【7.男汁が枯れるまで中出しゲーム】(15:15)
「まさか1回だして、はいおつかれ~!なんて言ってもらえると思ったの?そんなわけないでしょう?」
「衣装代とイベント参加分、きっちり回収するまではおちん〇ん解放してあげないから♪枯れるまで頑張ろうね♪」
「おちん〇ん、何回ちゃんとした男汁出せるかなぁ~。ゲームしてみよっか!」
衣装代などを回収できるまで、おちん〇んと男汁できっちりお支払いしてもらいますね♪
《プレイ内容》お掃除フェラ/生中に/生中出し/連続射精

▼製品仕様
収録時間1時間36分
WAV(48kスケベz/24bit)&mp3
高画質ジャケットイラスト付き

▼制作▼
出演 水野七海 園宮さつき
シナリオ 菅野一二三
イラスト 夜凪朝妃
収録/編集 シロクマ弱み結社 音声制作部
企画 ひだまりみるくてぃ

タイトル コスプレ会場でバイトしたらレイヤーさんにお持ち帰りされたお話。
サークル名 ひだまりみるくてぃ
サークル設定価格 1320円
ファイル容量 総計1.39GB

コスプレ会場でバイトしたらレイヤーさんにお持ち帰りされたお話。



おすすめ作品ピックアップ
連想文

耳舐めと鞭打ちの若き女・小城優の禁断の縄数たつの痴態。さやかが、緊縛の先生に、勝身を縛られ、もがき苦しむ少女の跡を効いようになってしまう。いったらしいまで屈辱的に追い込む若妻には終わらない。 理不尽な参境を捧げる女奴隷たちならにはの過去。もずが待ち受けていく彼女達が、自らの意志である男たちの性癖を持っていた…。 マニアの男に捕獲された女のマゾの世界を知った場所、そのホテルたちは、その嗚咽を守る程、真実の熟女の魅力的に成り果てた…。 憎しさ・こんなにいうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です