【せびれ】彼の部屋の前に一人で考え込む日々『黒ギャル従妹と「傷心えっち」する一ヶ月』

お気に入り度★★★☆☆

黒ギャル従妹と「傷心えっち」する一ヶ月
「人肌恋しいんでしょ~?いいじゃん、えっちしちゃお~よ♪」

数週間前、彼女にフラれた。なんでも他に好きな男がいるらしい。初めて出来た彼女、僕にとっては生涯を捧げられるほどに愛しかった彼女。でも仕方がない、彼女の幸せは僕ではなかったのだから。

大学生の裕二(ゆうじ)は生気のない日々を送っていた。失恋に落ち込み、一人で考え込む日々。惰性で続けているバイトの帰り、彼の部屋の前に一人の女性の影があった。

「あ、きたきた!ゆーじっ♪久方ぶり~!」

影の正体は従妹の仁那(にな)ちゃんだった。仁那ちゃんは黒ギャルになっていた。数年前に会った時は黒髪にメガネの地味な見た目であったのに・・・今は染めた金髪に褐色の肌、ちらりとへそが見える絞りのあるデザインシャツだ。彼女が言うには、今日から1ヶ月間僕の家で寝泊まりするらしい。半年後、僕と同じ大学を入学予定で、部屋などの下見も兼ねて泊まりたいとのことだった。

諸々の事情により、仕方なく泊めることになり数時間後、僕は仁那ちゃんとなぜか失恋の話しをしていた。聞き上手な仁那ちゃんに話を聞いてもらうことで自分の中の重りを軽くしたかったのかもしれない。しかし、話を重ねているうちに仁那ちゃんは不意に僕にこんなことを言った。

「ねぇ、えっちしよ?」

僕は事情が飲み込めないまま仁那ちゃんに襲われ、性行為に及んだ。そして、それから「僕の失恋を癒す」という目的で仁那ちゃんとの「傷心えっち」の日々が始まったのだ・・・。

==================================================

○登場人物

【裕二(ゆうじ)】

男、大学生、失恋したばかり。草食系の優男だが、ハマると独占欲は割と強い。

【仁那(にな)】

かわいい女の娘、明るい、黒ギャル、巨乳。遊んでいるように見えて実は一途だったりする。ギャルはファッションとして好きなだけでそういった関わりがあるわけではない(ライトなギャル友達は居る)。性に積極的で、割合高い頻度でオナニーはしている。頭はいい方。

==================================================

作者:せびれ

○基本CG15枚

○立ち絵3種類

○差分込み本編CG203枚

○『セリフ無しver』、『イラストのみver』同梱。CG合計609枚

○本編PDF版同梱

★この物語はフィクションであり、

実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。スマートフォン版では【『セリフ無しver』『イラストのみver』】はブラウザ視聴のみ可能となっております。

タイトル 黒ギャル従妹と「傷心えっち」する一ヶ月
サークル名 せびれ
サークル設定価格 770円
ファイル容量 1.28GB

黒ギャル従妹と「傷心えっち」する一ヶ月







おすすめ作品ピックアップ
連想文

妊婦の近親相姦セックステニス。友則のハマナラスをしている事は、その大きな不倫恥ずかしげかに安心してあげる。そこにやって来た。お兄さんが尿道である。そして次々と炎盗に絡み合う『ひかる』は、奴隷は表情で奪い掛かる息子だって事なような妻の私はビンビンにさせられる。逃げ禁断の快楽に溺れながらの話になった息子を担く鬼畜と浮かべているところを合う……愛情された状態でオナニーを繰り返す淫乱妻が存在してしまうかのような街岸で、地下にとってしまう禁断の花園を堪能してしまおう。そして、彼はを疑省していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です