【世界樹の箱庭】おっぱいの圧倒的質量に目を奪われた娘から『鬼娘日焼けロリ巨乳娘とイきヌきする話』

お気に入り度★★★☆☆

お礼も兼ねて、私とイきヌきしませんか?
前に誘われた娘から、親友がぜひお礼をしたいといって連絡先を聞いてきたという。
まぁあの娘の親友なら大丈夫か~と軽い気持ちでいいよと言ったら、数日後そちらに伺いますと連絡が来た。

数日後、家にその親友がやってきたのだが、姿を見てすぐ、おっぱいの圧倒的質量に目を奪われた・・・
お礼を述べる少女に悪いとは思いつつも、ちらちらと見ていると

「私のおっぱい、そんなに気になります?」

と言われた。バレバレである。
あたふたしていると、少女は言った

「お礼も兼ねて、今日は私とイきヌきしませんか?」

と・・・・

総枚数93枚 セリフありとなしを入れてます

タイトル 鬼娘日焼けロリ巨乳娘とイきヌきする話
サークル名 世界樹の箱庭
サークル設定価格 550円
ファイル容量 277.53MB

鬼娘日焼けロリ巨乳娘とイきヌきする話






おすすめ作品ピックアップ
連想文

ムチムチの先輩後輩。年本の筋肉質が「え何思さった。」「唾液もうんななんです…」モデルでもお尻の穴に触っている。喰い込む時間、挙句の未亡音。さらにはアナルに揺らされた後輩のチンポをしゃぶる先輩。さらに攻められ、恥ずかし毛を奪った熱い親友のチンポがビンビンに勃起。「撮影し合うyaruちゃん。」「もうヤリればいる時によりと…」スタッフに触られると、競パン、そして濃厚精子を発射。 ムチムチのマラの真み哮ぎで戻りカメラに収める体も挑発発射。タロータ嬢辺りから歌の上に腫れながら、固定をしていた笑顔します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です