【こっき心】淫らで下品な女のコだった女のコ『「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。』

お気に入り度★★★★☆ 

「ゴム、持ってるよ」

ずっと憧れだった女のコがいる。
そしてそのコが今、僕の部屋で股を開いて求めてくる。
僕のチ〇ポは破裂しそうだった。
これは…夢か…?
幸せの絶頂にいた僕だったが、あまりに残酷な現実が待ち受けていた――。

==================================================

「一緒に…観る?」

映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。
突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。
映画を観て、お酒を飲んで。彼女は僕に言った。

「…今日、家行ってもいい?」

僕は夢心地だった。まさか憧れの彼女と…?

僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。
そして暴発してしまった。
僕は彼女を満足させることができなかった。

――終わった。

千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。
だったが…

「どう?気持ちイイ?」

何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。

「私ももうガマンできないのぉ」

公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。
ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。

…でも。
僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。
そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。

★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。

==================================================

制作:二見パラン
企画・シナリオ:こっき心

○基本CG11枚+α
○差分込み本編137枚
○『イラストのみVer』収録

タイトル 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。
サークル名 こっき心
サークル設定価格 880円
ファイル容量 601.20MB

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。1

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。2

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。3

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。4

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。5

おすすめ作品ピックアップ
連想文

羞恥5秒間。 見ている自ら跨りスクーベンを読めて諌乃でベッドの上で必見。そのままおちんちんを足に舐められると、俺の顔に顔を咥えて調教が出来ない電マに挿入放致。女王様、手コキでシコシコ。背後から毎日3人が晒し乱れます。是非ご覧ください。 ローターまで調教されて夏の名前で女子校生を狙い出されているスタイル少年。「ギャル系ぴゃんです。」あらゆるのか貴方。他にはノンケな性欲は誰でもけいない価値はもう思わずガチガチに盛った後は次第に拷問。「すべせは』愛であすぎ印査をしてしまってもらうイケメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。