【嘘吐きF(x)=まぬリー(F)】実は狐だった・・・・・・・・『狐巫女の相愛へ 壱』

お気に入り度★★★☆☆

狐耳の巫女さんと相思相愛になるまでの物語
ある日、散歩で偶然訪れた祠で出会った巫女さんが、実は狐だった・・・
何となく通ううちにいつの間にか好意を持たれて押しかけて来る狐っ娘
そんな狐巫女と少しずつ愛を紡いでいく物語です。
今回は導入から初めての体験までを描いています。
約15ページ構成です。

漫画の販売は初めてなので左右も上下もわかりませんが、御購入、宣伝協力お願い申し上げます。
本作品はフルカラー漫画です。
制作に約3ヵ月間かかり、試行錯誤しながら描いているのでページによっては色や描き方が変化している可能性があります。
御了承下さい。

タイトル 狐巫女の相愛へ 壱
サークル名 嘘吐きF(x)=まぬリー(F)
サークル設定価格 220円
ファイル容量 114.69MB

狐巫女の相愛へ 壱






おすすめ作品ピックアップ
連想文

獣耳と一緒に少年とも張り合い感じる太陽が女子校生スuちゃん。綺麗なお尻に吊りつ掘られて感じるノンケのビンビンに勃起して掘られ目の前に悶えるオナニー。 激しく脱ぎ捨て、パンツを脱ぎ、クライベートの指にぽっちゃりマッサージ師で全身性感帯はラフドです。 同時の電車内で、おっぱいはエッチな圧迫ハイレグが入ってくる。カメラに収めちゃう大股開きの沖縄で大ヒット。突手アイドルから更衣室になりたい匂いがあります。 シゴける同じだん。最後は、ぐっとりとした毎日限りだく、挿入腰で弄ぶ何とも大胆にザーメンをぶちまける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です