【せなか】ハルも明音も夏休みで家に戻る『義理の姉との7日間生活-1』

お気に入り度★★★☆☆

成人しく無口な義姉の本性
【ストーリー】
ハルの母親が再婚して数週間。
新婚旅行を兼ねて義父の単身赴任先の視察へ行くという。
期間は一週間。

こんな時世で旅行もままならない中、せめてとハルは了承する。

ただ、ハルには心配事が一つあった。

義父の連れ子が一人居た。名前は明音(あかね)。
ハルよりも年上で大学生の義理の姉。

ハルも明音も積極的な性格ではなく、一緒に暮らすようになっても、ほとんど会話をしたことすら無い。

そんな彼女と、両親不在の間、彼女と二人きり。

正直、気が重い…が仕方ない。自分も明音も夏休みで家には居るものの、ほんの一週間程度だ。部屋に籠ってゲームでもして過ごそう…そんな事を考えていた。ハルは義理の姉との距離を埋める気は無いらしい。

そして両親が出掛ける日。
車を見送り、二人は家に戻る。間、会話は特に無い。

「ご飯が出来たら呼びますから…」

明音の言葉に「うん」とだけ返し、自室のベッドでハルは天井をぼんやり見ている。
家の空気が重い。先が思いやられる…。

そんな事を考えている内に、いつの間にか眠ってしまったらしい。
次に目を開くと部屋の中は暗くなっていた。随分と寝ていたらしい…と思うと同時に、違和感を感じる。

体が重い。何か上に乗っている…?

目を凝らすと、そこには明音が居た。
だが様子がおかしい。

自分も、そして明音も、下半身を露出している状態であり、しかも互いの性器を密着させている。混乱するハルにかまわず、明音は腰をくねらせる。

ハルと明音。二人だけの7日間生活が歪んだ形で始まる。

【収録内容】

本編:50ページ(白黒)

※おね×ショタ→ショタ×おねの逆転描写あり。苦手な方ご注意ください。

タイトル 義理の姉との7日間生活-1
サークル名 せなか
サークル設定価格 770円
ファイル容量 181.85MB

義理の姉との7日間生活-1












おすすめ作品ピックアップ
連想文

童貞」と発展。喰い込むセンターライン。次の匣後的な乱交師為

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です