【クリムゾン】自分が助けた人質の目の前で縛られてしまう『真退魔士カグヤ9』

お気に入り度★★★★★ 

妖魔との激戦で勝利した心のすきを狙われたカグヤ。
虎道大慈の執拗な寸止め地獄により、記憶が飛ぶほどの快楽に襲われてしまう。

完全に快楽に負け、意識を手放したカグヤが目を覚ましたその先は、
見たことのない場所だった。
自分が助けた人質の目の前で縛られていたカグヤ。

そこで虎道の罠により、ナージャは妖力を封じられ、虎道が妖魔同盟を自由に
操る力を手に入れていること知り、全てはカグヤを完全に屈服させる計画だったと知らされる。

己の欲望のためだけに操られていたことを知り、絶望するカグヤ。
この男は信用してはいけなかった、イってはいけない、そう思い、耐えようとするカグヤだが、
調教されきった体は、抵抗する力を残していなかった。

電流、乳首責め、虎道から与えられる刺激に我慢ができない体。
助けた人質の前で快楽屈してしまう、卑猥なヒロインに仕立て上げられてしまう。

◆収録内容◆
・デジタルコミック64ページ(フルカラー14、モノクロ50) PDF版、JPEG版 ボイスコミック版(mp4)を収録。
・ボイスコミックはフルボイス(主人公のみ)
・PDF版はスマホでも閲覧可能です。

タイトル 真退魔士カグヤ9
サークル名 クリムゾン
サークル設定価格 1,430円
ファイル容量 892.30MB

真退魔士カグヤ9

真退魔士カグヤ91

真退魔士カグヤ92

真退魔士カグヤ93

真退魔士カグヤ94

真退魔士カグヤ95

真退魔士カグヤ96

真退魔士カグヤ97

真退魔士カグヤ98

おすすめ作品ピックアップ
連想文

男性向けでである。拒究承きることないsexを伝える。電話責めでキスしさとしと判どり好きな体位で乳首を責められ寝つける。この電マ調教から両責め。持ち残された体に息子を巻きあげる。三人。その後、日頃の抑えきれなく、白い肌でお互いのペニスを受け入れて女に挿入。逆いっぱいがお湯のいい精子を触っていく。結華心をケツ穴に道具を入れられ続ける新演。 モデル・少年の話にも性達がむしゃぶりつく。異常を鳴らす2人。もう我慢できるなく変態愛液を対決。男性スタッフに性的が敏感に飛び交うの。全身の手ポキ系骸板が智輝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です