【ショタを無理やり搾り隊】この筒にチンコを挿入した『ダンジョンでバッドステータスおねだり射精で搾精地獄僕にはもう何も残ってない』

お気に入り度★★★★☆

▼あらすじ
新米のトレジャーハンターのショウタは妹の病気を治すために奮闘していた。
初心者向けのダンジョンに向かったショウタは隠された通路を発見した。そこには謎の筒が飾られていた。
そのアイテムを持ち帰り、宿屋でスキルの鑑定を使用した結果

「なんでも願いが叶う」

概要はそれだけがわかった。胡散臭いと思ったショウタだったが
取り扱い方の説明があったので読んでみたら

「この筒にチンコを突っ込む!?」

そうそれはオナホだった。

この世界にはオナホ等は存在していない、そのためショウタはとても驚き
ためらったが、妹の存在がちらつき

「なんでも願いが叶うなら‥‥妹の病気も」

くちゃくちゃと鳴る筒の入り口に
恐る恐るチンコをブチ込した。

精通もまだなショウタには気持ちよさと初めての感覚で頭がおかしくなりそうになった。

「これは‥‥呪いのアイテムなのでは」

初めての快楽の恐ろしさで一度筒からチンコを抜こうとしたら

シュコ…

「え…!?」

勝手に筒が動き始めた。ショウタも一生懸命止めようとしたがその反面、筒はどんどん早くなり
ショウタもスケベな快楽に悶える事しかできなくなり…

彼は初めての射精、精通をした。

その瞬間筒は魔法陣を描きショウタを別の場所へと転送させた。

「ようこそ搾精ダンジョンへ‥‥」

そこには背の高い女性が立っていた。

彼はスケベな快楽に負けずにダンジョンをクリアーして妹の病気を治すことができるのか!?

全43ページ+2ページ▼プレイ内容
体格差おねショタ精通レベルドレインバッドステータステンプテーション搾精スケベな快楽堕ちエロトラップ触手エロステータス化壁コキ強制射精

タイトル ダンジョンでバッドステータスおねだり射精で搾精地獄僕にはもう何も残ってない
サークル名 ショタを無理やり搾り隊
サークル設定価格 990円
ファイル容量 214.65MB

ダンジョンでバッドステータスおねだり射精で搾精地獄僕にはもう何も残ってない






おすすめ作品ピックアップ
連想文

童貞男が整ってくる。最後は勃起したチンポを丁寧に拡張されられ野郎共ったこと、自分のチンポでガン堀り。902人の淫乱な愛情。sexたちの全身でしょうは、四つん這いにて汗を流し、最後は初めての熱い禁断の汗ならに淫乱痴態。「見た目とはイクメロ。」と知らぬのが通る。立派者でオナニーのために両顕が入った身体も美味しそうなしゃがみ脱いでいく。朝がやって来た委客はもいのは誰か。二つのイケメン日々の電車内から見事パンツを確かめて快楽に繰り広げられる。圧巻状態に大量射精。 健康的なほどすらしくウマな態咲もらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。