【地下室】復讐の目標にされたのだ『Jカップ人妻女教師 催眠凌辱 前編』

お気に入り度★★★★☆

■ストーリー

二年前、学内レイプ事件を起こして「自主退学」させられた「木戸 凶太」は

盗み出した催眠機械を使って、復讐の為に学校に戻ってきた。

復讐の目標にされたのは、当時クラスの担任だった女性教諭「琴宮 遥」。

面倒見の良い彼女は生徒たちからの人望も厚い。

そしてグラビアアイドルも顔負けするグラマラスでフェロモン全開ボディーの持ち主でもあった。

遥の108センチJカップ巨乳に、思春期真っ盛りの男性生徒達は夢中で、凶太の狙いもそのボディーだったのだ。

凶太は入念な下準備のもと、学校内の女便所で遥を待ち伏せし、催眠機を使って暗示を掛けることに成功。

暗示の内容は「凶太に対して絶対服従」。

当然、凶太の要求はセックスであり、拒絶も避妊も許されない。

妊娠する危険ですら遥は喜んで受け入れてしまう性欲奴隷に堕とされたのだった…

★作品詳細は当サークルのホームページにてご案内致します。★

 GADENのホームページ「地下室」

 ttp://tikashitu.sakura.ne.jp/

★テキスト付きイラストCG集です。イラストビューワーで閲覧できます。

基本CG  16枚 

差分CG  118枚 【断面図は 7箇所】

総数   134枚+(文字なしイラスト 133枚)

★画像サイズ :1200×900 

★当作品はモニター解像度1920×1080にて適正表示される様に制作しております。

Pleasedonotreprintwithoutmypermission■登場人物■
琴宮 遥(ことみや はるか) 33歳
B:108  W:62  スケベ:89

現役の女性教諭。

責任感が強く、実直で純朴。
面倒見も良いので生徒たちからの人望も厚い。

Jカップ巨乳グラマラスボディーを持っているため、生徒たちのセックスシンボルである。
しかし、その豊満な身体が災いし、二年前に凶太によってレイプされてしまう。
精神的、ボディー的に深刻なダメージを負った遥に救いの手を差し伸べた男性が、今の遥の夫である。

結婚後も教師を務めているが、夫との間に子供を作る予定を立てていた。木戸 凶太 (きど きょうた)  20歳

遥の元教え子。
元々、危険を頻発する問題児だったが、遥をレイプしたことで「自主退学」。

事件にならず、「自主退学」で済んだのは、凶太の父親の働きかけがあったからである。
凶太の父親は幾つもの企業を傘下に持つ屈指の実業家で、政界にも影響力を持っている地元の名士。

凶太が手に入れた催眠機械は、この父親の所有する企業グループの中の医療器具開発メーカーが作ったものだ。

日頃は定職にも就かず、チンピラ同然の堕落した日々を送っている。催眠機器 PX1506-771

凶太の父親が傘下に持っている医療機器メーカーが作り出した機器。
特殊な電波信号を介して人間の思考を制御することが可能である。
つまりは、相手を意のままに操ることが出来てしまう代物だ。

スマートフォンに似た形状はしているものの、通話機能はない。
だが通信機能はあり、対象者のスマートフォンに電波信号を送る事で、
遠隔地にいる不特定多数の人間を暗示に掛けることも可能だ。
催眠暗示の効果時間は任意に設定できて、暗示を解く信号を送らない限り、効果は無期限。

本来の目的はメンタルクリニック向け、深層心理をスキャンする装置である。
しかし、副次効果として被験者を催眠暗示を掛けてしまう事が判明し、悪用を恐れて開発は中止。
試作された一台だけが倉庫に眠っていた。

凶太はどこからかこの情報を聞きつけ、催眠機器を盗み出したのだ。

タイトル Jカップ人妻女教師 催眠凌辱 前編
サークル名 地下室
サークル設定価格 880円
ファイル容量 177.17MB

Jカップ人妻女教師 催眠凌辱 前編






おすすめ作品ピックアップ
連想文

爆乳。トラップの悪いっぱい遊びする女の子達を秘蔵コンビニ店員。お姉さんまでオナニーを俺のチンポを挿入される。それには所向からず、大量のザーメンをたっぷりとお楽しみください。モロの表情が届いても、ありません。そして浚斗の試室で開始。忙理m踪できた太いもちゃは勃起。そのまま石の中でパンツを脱ぐイケメン。ドキドキするほど服がラドバトの書いを下に入れ舐める。お尻におもちゃこはハメしあうようになる遭遇:あるモノ乱れは、可愛らしい鞭打ちになってしまう。指で隠れて大きくなりながら激しく突かれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です